WWDC22、基調講演は日本時間6月7日午前2時より開催

今年後半にAppleプラットフォームで登場する画期的なアップデートが初披露

Apple WWDC22 details announcement hero

Appleが、基調講演やPlatforms State of the Unionなど、世界開発者会議2022(WWDC22)の開催スケジュールを公開した。完全オンラインで、世界中の3,000万人を超えるAppleの開発者が無料で参加できる。

基調講演は、現地時間6月6日午前10時(日本時間6月7日午前2時)からスタートする。今年後半にAppleプラットフォームで登場する画期的なアップデートが初披露され、Apple公式サイト、Apple Developerアプリケーション、Apple TVアプリケーション、YouTubeでリアルタイム視聴、配信終了後はオンデマンド再生で視聴できる。

メディア向けに招待状が配布「まもなく扉が開きます」

基調講演では、iOS、iPadOS、watchOS、macOS、tvOSなど各OSが今年後半に正式リリースするメジャーアップデートの概要が披露される見通し。

メディア向けには招待状が配布。イベントタイトルは「Swiftly approaching」、邦題は「まもなく扉が開きます」となっており、基調講演では開発言語Swiftの進化や改良に言及する可能性を示唆している。

Swiftly Approaching WWDC22 01
弓月ひろみ氏提供

基調講演の終了後、Platforms State of the Unionが現地時間6月6日午後2時(日本時間6月7日午前6時)より、Apple Design Awardsが現地時間6月6日午後5時(日本時間6月7日午前9時)より開催される。

WWDC22の詳細はApple公式の発表より確認してもらいたい。

もっと読む

12本の記事を表示する

関連キーワード
特集
公開情報
更新日2022年06月04日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:626910)

    やはり、5色の横顔は新型MacBookAirのことですかね

  2. 通りすがりの読者(コメントID:626893)

    おー!今年もいよいよ!

「WWDC」新着記事
トレンド検索