#WWDC22 開催直前、Apple公式ストアがメンテ画面に切り替え

メンテナンス画面は「まもなく公開」と表示

Apple store wwdc22

Apple公式ストアがメンテナンス画面に切り替わっている。メンテナンス画面は「まもなく公開」と表示。英語では「Developing news」となっている。

WWDCでメンテナンス画面の表示は珍しい。2018年から2021年までのWWDCでは用意されていない。2019年にはMac ProおよびPro Display XDRが披露されたが、メンテナンス画面に切り替わらなかった。

過去2年間のWWDCは事前収録された映像を放映するスタイルだったが、今回は3年ぶりにメディアが招待。ハードウェアの発表への期待も高まると同時に、基調講演の一部はリアルタイムの発表に戻る可能性がある。

WWDC22は、日本時間6月7日(火)午前2時からの基調講演とともにスタート。iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOSが正式に発表される。ハードウェアの発表は稀だが、今年は新型MacBook Airが披露されるとの噂がある。基調講演を見る方法、発表予想の内容はこちらの記事を参考にしてもらいたい。

関連キーワード
特集
公開情報
更新日2022年06月06日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:627327)

    この情勢だし、蓋を開けたらiPodの削除と価格改定(という名の値上げ)に終わったらイヤだな…。

「WWDC」新着記事
トレンド検索