速報:WWDC 2022、6月6日からオンライン開催へ

参加費は無料、iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOSの最新バージョンが正式発表される見通し

WWDC 2022

Appleは、「WWDC22」(Worldwide Developers Conference=世界開発者会議)を6月6日から6月10日にかけて開催する。新型コロナウイルスの影響を受け、Apple Developerのアプリおよびウェブサイトを通じて、すべてオンラインで実施される。

初日には、毎年恒例のキーノートが行われる予定。iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOSが正式に発表される。例年はソフトウェアを中心とした発表内容だが、今年は新型Mac Proおよび「Studio Display Pro」が披露されるとの噂もある。

基調講演のライブビューイングをApple Parkで開催

期間中は、基調講演とPlatforms State of the Unionのプレゼンテーションのほか、より多くの情報セッションや最先端の学習ラボ、参加者と交流できるさらに多くのデジタルラウンジが用意される。またWWDC22を”真のグローバルイベント”にするため、従来異常にコンテンツのローカライズを強化する。

一部で噂されていたWWDC 2022のリアルイベントは叶わなかったが、6月6日にApple Parkで開発者と学生のためのSpecial dayの開催を発表。オンラインで視聴する人たちと一緒に基調講演とState of the Unionのビデオを視聴する、いわばライブビューイングが行われる。参加の申し込みに関する詳細は、近日中にApple DeveloperサイトおよびApple Developerアプリケーションで行う予定だ。

3年目となるSwift Student Challengeも開催する。詳細はSwift Student Challengeのウェブサイトから確認できる。

関連キーワード
特集
公開情報
更新日2022年04月06日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「WWDC」新着記事
トレンド検索