WWDC 2020:Apple公式ライブ配信の閲覧方法(日本時間6月23日午前2時から)

Apple公式サイト、YouTube、TVアプリ、Apple Developerなど、様々な場所で配信が予定されている

Apple dev site wwdc20

Apple Developerより

2020年のWWDC(Worldwide Developers Conference=世界開発者会議)は、スペシャルイベント基調講演とともにスタート。基調講演は、日本時間6月23日午前2時から約2時間行われる。秋に正式リリース予定の次期iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOSなど、各プラットフォームの次期アップデート内容が披露されると見られている。

基調講演は、Apple公式サイト、Apple Developerアプリ、Apple Developerウェブサイト、Apple TVアプリ、YouTubeを通じてライブ配信を行う。閲覧方法を以下にまとめたので、参考にしてもらいたい。なおゴリミーでは基調講演をリアルタイム更新を予定している。

WWDC20の基調講演をライブ視聴する方法

Safariで視聴する(Mac、iPad、iPhone)

Get ready for wwdc20 safari

Apple公式サイトで実施されるライブ配信は、Mac、iPad、iPhone、iPod touchのSafariブラウザを使用すれば視聴できる。iOSデバイスはiOS 10以上、MacはmacOS Sierra 10.12以上動作条件だ。

ライブ配信ページは以下のとおり。

TVアプリで視聴する

TV app for mac
TVアプリ上のWWDC 2019

Appleの「TV」アプリを使用すれば、Apple TV、Mac、iPad、iPhoneでライブ配信を視聴できる。右上の検索ボックスから「WWDC」と検索し、「WWDC 2020」をクリック。「再生」をクリックでライブ配信が視聴できる。

YouTubeで視聴する

Wwdc20 live on youtube

YouTubeが視聴できるブラウザ、アプリであればWWDC20の基調講演をApple公式のYouTubeチャンネルで視聴できる。

Microsoft Edge、Chrome、Firefoxで視聴する(Windows PC)

Windows Bnl5yt3SNsM unsplash

Windows PCは、「Windows 10」以上が動作するデバイスを利用すれば、Microsoft Edge」でApple公式サイトのライブ配信が視聴できる。Safari以外のブラウザではMSE、H.264、AACの用意があればChromeまたはFirefoxでも可能。

Apple Developerアプリ、ウェブサイトで視聴する

Apple developer website

Appleは、WWDC20の基調講演をApple DeveloperアプリApple Developerウェブサイト上でもライブ配信すると予告。

特集
関連情報
カテゴリWWDC
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「WWDC」新着記事
トレンド検索