ソフトバンクオンラインショップ

WWDC 2020、累計視聴数は2,200万回

基調講演だけを見ても、オンライン開催のWWDCは大成功だったと言えるはず

Apple WWDC20 keynote tim cook 06222020

Appleは現地時間7月30日、2020年度第3四半期の決算を発表。Tim Cook CEOは、オンライン開催したWWDC20(Worldwide Developers Conference=世界開発者会議)は累計2,200万回の視聴回数を記録したと明らかにした。合計72時間に相当する動画コンテンツが配信され、4,500件の個別セッションが行われたと説明している。

WWDC20は、6月22日から5日間にわたって開催。新型コロナウイルスの影響を受け、Apple Developerのアプリおよびウェブサイトを通じてすべてオンラインで実施された。また例年は1,599ドル(約17万円)の参加費用を抽選でに当たった人が参加できる仕組みだが、WWDC20は誰もが無料で参加できた。

Appleは、iOS 14iPadOS 14、macOS Big SurwatchOS 7、tvOS 14などの最新OSを発表。Macの脱Intel計画も発表し、AppleシリコンMacが年内に登場する予定だ。

関連情報
カテゴリWWDC
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「WWDC」新着記事
トレンド検索