WWDC 2021の基調講演、日本時間6月8日(火)午前2時から スケジュールが発表

Apple ParkからApple公式サイト、Apple Developerアプリ、Apple TVアプリ、YouTubeを通じて配信

Apple WWDC21 details announcement 052421

Appleが、WWDC 2021の開催スケジュールを発表した。昨年に続きオンライン開催となるため、世界中の227の国と地域からの3,000万人を超えるAppleの開発者が無料で参加できる。

世界中が注目するApple基調講演は、日本時間6月8日午前2時からApple公式サイト、Apple Developerアプリ、Apple TVアプリ、YouTubeを通じてApple Parkから直接配信され、配信終了後はオンデマンド再生で視聴できる。

Platforms State of the Unionは基調講演の後、午前6時から開催

日本時間6月8日午前6時からは、Platforms State of the Unionが開催。Appleの開発者がさらに優れたアプリケーションを生み出すのに役立つ、新しいツール、テクノロジー、Appleプラットフォーム全体にわたる進化について深く掘り下げる。

日本時間6月11日午前6時には、Appleの開発者のクリエイティブな芸術性、クラフトマンシップ、技術面の功績を讃える「Apple Design Awards」が発表される。

WWDC 2021では、「パビリオン」が新登場。開発者は特定のトピックに関連するセッション、ラボ、スペシャルアクティビティを簡単に探すことができる。Apple Developerアプリでのみ、利用できる。

関連キーワード
特集
公開情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:602970)

    新型AirPods出てほしい…

「WWDC」新着記事
トレンド検索