M2 MacBook Air、正式発表。デザインや性能、M1との比較まとめ

ノッチ付き13.6インチディスプレイに大型化。8コアCPU/最大10コアGPU、最大24GBのRAMが搭載可能

Apple WWDC22 MacBook Air hero 220606

Appleは6月7日、WWDC22の基調講演で初披露したApple M2チップ」を搭載した新型MacBook Airを発表した。

特徴は、ウェッジ型の筐体を廃止した新デザイン。画面サイズは0.3インチ大きくなり13.6インチのLiquid Retinaディスプレイになり、1080p FaceTime HDカメラ、4スピーカーサウンドシステム、最大18時間のバッテリー駆動時間、MagSafe充電を備える。MacBook Pro(2021)と同様に、画面上部にノッチがある

カラーバリエーションはシルバー、スペースグレイ、ミッドナイト、スターライトの4種類。価格は164,800円から。フルカスタマイズで348,800円だ。

M2チップの仕様・パフォーマンス

WWDC22 2022 Keynote 3490

M2チップは、性能コアと効率コアがどちらも進化した次世代8コアCPUに加え、M1より2つ多い最大10コアを搭載。100GB/sのユニファイドメモリ帯域幅を実現し、最大24GBの高速ユニファイドメモリ(RAM)が搭載可能だ。CPU性能は18%高速化、GPU性能は35%高速化、ニューラルエンジン性能は40%高速化している。

またハードウェアアクセラレーションによるエンコードとデコード向けに、次世代のメディアエンジンとパワフルなProResビデオエンジンを追加。M1と比べて、より多くの4Kおよび8Kのビデオストリーム再生が可能になった。

外部ディスプレイの出力はM1と変わらず、最大6K解像度の外部ディスプレイ1枚まで。公式に2枚以上の外部ディスプレイは、M1 ProまたはM1 Maxを搭載したMacBook Proを選ぶ必要がある。

M2 MacBook Airの概要、M1モデルから進化したポイント

WWDC22 2022 Keynote 3833

M2 MacBook Airが、M1 MacBook Airから進化したポイントは以下のとおり。

  • チップ(M1M2
    • 次世代8コアCPU(18%高速化)
    • 次世代最大10コアGPU(35%高速化)
    • 進化したニューラルエンジン性能(40%高速化)
    • 最大24GBのユニファイドメモリ
    • メディアエンジンの搭載
  • 筐体
    • 奥行きが0.26cm大きくなった
    • 厚さが1.13cmに統一された
    • 0.05kg軽量化
    • MagSafe 3ポート追加
  • ディスプレイ
    • 13.6インチになり、0.3インチ大型化
    • 最大画面輝度が500ニトに向上
  • カメラ
    • フルHD
  • スピーカー
    • 空間オーディオ対応の4スピーカーサウンドシステム

M2 MacBook Airの横幅は、M1モデルと同じ。縦幅はわずか0.26cm大きくなっており、サイズに大きな違いはない。ただし手前側に向けて薄くなるウェッジ型デザインは廃止され、筐体全体が1.13cmの厚みに統一された。M1 MacBook Airは0.41〜1.61cmの厚さだったことから、薄型化を体感できるだろう。

MacBookAir M2 side design

筐体サイズはほとんど変わらないが、画面サイズは13.3インチから13.6インチに大型化。解像度は変わらないが、最大画面輝度が400ニトから500ニトに向上している。

重さは1.24kgM1モデルと比べて0.05kgの軽量化だが、厚みが統一され軽く感じる可能性がある。MacBook Airの魅力であるファンレス設計は引き継がれている。

搭載ポートはThunderbolt 3/USB 4ポートが2基と変わりないが、MagSafe 3ポートが追加。右側にはヘッドホン端子がある。カメラはフルHDにアップグレードされ、スピーカーは空間オーディオ対応の4スピーカーサウンドシステムを内蔵している。

Apple WWDC22 MacBook Air MagSafe 220606

電池持ちは変わらず、「最大15時間のワイヤレスインターネット」「最大18時間のApple TVアプリのムービー再生」とされている。67W電源アダプタを使用すれば、高速充電が利用できる。

特集
公開情報
更新日2022年06月20日
コメント(8件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:627451)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:627349)
    黒ベゼルで良かったと思いましたが、ノッチは長期的には無くなりそうなのでスルーしてM1継続かなと考えてます。 少し興味を持ったMetal3やステージマネージャもM1で使えるみたいだし。 発表ではMagsafe3ポートのお陰で電源に繋いでもUSB-Cポートが塞がらないかのようなこと言ってた気がしましたが、それよりUSB-C追加してよ!って思わずツッコミ入れてしまった。

    ハブ繋ぐからへーきへーき

  2. 通りすがりの読者(コメントID:627377)

    ようやくGPU性能なりのメモリ性能が手に入りましたね。
    これでゲームも普通に動くかな?(各毎秒)
    M1Pro       200GB
    GTX1650 128GB
    GT1050ti 112GB
    M2 100GB
    M1 68GB
    XBOX ONE 68GB
    GT1030  48GB

  3. 通りすがりの読者(コメントID:627374)

    直接は関係ないけどM1のまま新型という予想は外れたし
    iPhone14も期待したところ

    やはりせっかくの新型なのにチップが前世代と同じというのは気分が良いものではない

  4. 通りすがりの読者(コメントID:627370)

    他のサイトなどでは、M2はGPUには手が入ってなく10コア化しただけとのこと。
    ただ、メモリ性能は1.5倍の100GB/秒となっているので
    同じ8コアモデルでもゲームなどは快適になるんじゃないかな?

  5. 通りすがりの読者(コメントID:627364)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:627362)
    8コアGPUか10コアGPUが選択可能ですね。価格差は16,000円ですが、8コアGPUで十分でしょうか?10コアGPUを選択するメリットってどのくらいあるのでしょうか?

    用途によるんじゃないでしょうか?単純にはGPU性能が25%増です。
    M2では下位の8コアでも、M1では上位だった8コアのものより性能が良いと仮定するなら多くの人は満足できるとは思いますよ。

  6. 通りすがりの読者(コメントID:627362)

    8コアGPUか10コアGPUが選択可能ですね。価格差は16,000円ですが、8コアGPUで十分でしょうか?10コアGPUを選択するメリットってどのくらいあるのでしょうか?

  7. 通りすがりの読者(コメントID:627351)

    反対側にもUSB Cポート欲しいなぁ!!!!😭😭

  8. 通りすがりの読者(コメントID:627349)

    黒ベゼルで良かったと思いましたが、ノッチは長期的には無くなりそうなのでスルーしてM1継続かなと考えてます。
    少し興味を持ったMetal3やステージマネージャもM1で使えるみたいだし。

    発表ではMagsafe3ポートのお陰で電源に繋いでもUSB-Cポートが塞がらないかのようなこと言ってた気がしましたが、それよりUSB-C追加してよ!って思わずツッコミ入れてしまった。

「MacBook Air」新着記事
トレンド検索