「realityOS」が商標登録。AppleのAR/VRヘッドセット、WWDC22で発表か

「realityOSの商標登録→AR/VRヘッドセットがWWDCで発表されるかも?」になる理由を解説

Appleview ros found

AppleのAR/VRヘッドセットに搭載される専用OS「realityOS」の商標登録が、米国で行われた。米国特許庁(USPTO)の情報によると、合同会社「Realityo Systems LLC」が2021年12月8日に、「周辺機器」「ソフトウェア」「ウェアラブルコンピューターハードウェア」などのカテゴリにおいて申請している。

realityOSが商標登録されたことで、Appleが現地時間6月6日より開催するWWDC22で言及する可能性が高い。ハードウェアの発表は稀だが、AR/VRヘッドセットの存在を示唆する発言もしくは製品プレビューの期待が高まっている。

本記事は、realityOSの商標登録が意味することを解説する。

商標登録した会社がAppleである可能性が高い理由

秘密主義の文化を持つAppleは、ペーパーカンパニーを多数保有することで有名だ。Realityo Systems LLCがAppleであると断定できる情報はないが、Appleであることを示唆する情報は発見されている。

合同会社「Yosemite Research LLC」は昨年、WWDC 2021開催の数日前に「Monterey」の商標を申請。同じ会社は過去に「Yosemite」や「Big Sur」などmacOS用名称の商標を申請している。

Realityo Systems LLCとYosemite Research LLCは、所在地が同じ。実在する会社「Corporation Trust Center」が登録されており、商標サービスをAppleに提供している。

商標登録がAR/VRヘッドセットの発売間近を示唆する理由

realityOSの商標登録は、米国以外にウガンダやウルグアイでも確認されている。ブラジルでは昨年12月に一度申請され、5月10日に更新された。

米国特許庁向け申請書類の国際出願期限は、WWDC22の基調講演から2日後となる2022年6月8日。使用証明が記載されておらず、realityOSは未発表製品に使用されることを示唆している。また一部国では、Apple独自フォント「San Francisco」を使用したロゴの申請が確認されている。

realityOSはAppleのコードから発見されている

AppleのAR/VRヘッドセットは当初、WWDC 2022で披露する計画だったが、カメラやソフトウェア、オーバーヒートなどのトラブルに見舞われ、発表を2022年末、発売を2023年に延期したと報じられていた。

噂によると、AR/VRヘッドセットのデザインはゴーグル型でヘッドバンドは交換式。3枚のディスプレイ、15個のカメラモジュールを内蔵するが、本体重量は150g以下で、無線動作する。内蔵チップはMacと同レベルの処理能力を持ち、ゲーミング、動画視聴、コミュニケーションを主な用途として考えられている。価格は20万円以上になりそうだ。

realityOSは、App Storeのアップロードログ情報およびオープンソースコードから発見されている。

(Source: Parker Ortolani via 9to5Mac

Apple AR/VRヘッドセットの最新情報

18本の記事を表示する
特集
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索