Apple AR/VRヘッドセット用のOS、名称は「realityOS」か

2017年のBloomberg「rOSが動作する、”r”は”リアリティ”の頭文字」

Appleview ros found

Appleが開発中と噂されるAR/VRヘッドセットは、「realityOS」と呼ばれる独自OSが動作する可能性がある。App Storeのアップロードログ情報およびオープンソースコードから発見された。

Bloombergは、AR/VRヘッドセットはiOSをベースとした「rOS」が動作し、”「r」は「リアリティ」の頭文字を取ったもの”と説明。発見された情報と完全に一致している。

AppleのAR/VRヘッドセットは当初、WWDC 2022で披露する計画だったが、カメラやソフトウェア、オーバーヒートなどのトラブルに見舞われ、発表を2022年末、発売を2023年に延期したと見られる。

噂によると、AR/VRヘッドセットのデザインはゴーグル型でヘッドバンドは交換式。3枚のディスプレイ、15個のカメラモジュールを内蔵するが、本体重量は150g以下で、無線動作する。内蔵チップはMacと同レベルの処理能力を持ち、ゲーミング、動画視聴、コミュニケーションを主な用途として考えられている。価格は20万円以上になりそうだ。

(Source: MacRumors

公開情報
更新日2022年02月10日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索