AppleのMRヘッドセット、価格は約1,000ドルで2022年に発表か

ARメガネは引き続き2025年に発表する計画だという

Minh pham AHCmAX0k J4 unsplash

Applは、2022年までに複合現実(MR)ヘッドセットを発表し、2025年までにARメガネを発表する可能性がある。

Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏によると、AppleのMR/AR製品ロードマップは、最終的にコンタクトレンズ型を予測。ロードマップは以下のとおり。

MRヘルメット(ヘッドセット)の仕様や価格など最新情報

Ming-Chi Kuo氏によると、MRヘッドセットのプロトタイプは、現在200〜300g程度の重さだという。技術的な問題の解決に成功すれば、最終的に100〜200g程度まで軽量化されるそうだ。価格は米国でハイエンドiPhoneと同じ、1,000ドル前後になると見られる。

MRヘッドセットは内蔵電源やストレージを所有するため携帯できるが、iPhoneのような携帯性ではないと見られる。技術革新により、ヘッドセット製品は携帯性が向上する可能性もある。

Ming-Chi Kuo氏は、既存のVR製品に比べて優れた、没入感のあるユーザー体験を実現できる、と予測。MRヘッドセットは、Apple TV+やApple Arcadeなどの動画関連コンテンツと密に連係する可能性がある、と伝えている。

ARメガネの仕様や価格など最新情報

ARメガネは早ければ2025年に登場するが、「まだプロトタイプが存在しない」と指摘。シースルーのAR体験を実現し、MRヘッドセットと比べて携帯性に優れた製品と位置づけられるそうだ。

Ming-Chi Kuo氏は、ARメガネを「モバイル+AR体験に注力したデバイス」と表現。AppleメガネがApple Carと連係する可能性も予想している。

(Source: MacRumors

これまでのニュースをチェックする

26本の記事を表示する
公開情報
更新日2021年03月08日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索