Spotify、車用音声操作デバイス「Car Thing」のテストを開始

A Car Thing from spotify

Spotifyは、音楽やポッドキャストを再生するための車用デバイス「Car Thing」のテストを開始した。

同社として初めてのハードウェアではあるが、あくまでもユーザーがどのようにして音楽やポッドキャストを視聴しているのかを知るために作られたデバイスだという。今後も世界最高のオーディオプラットフォームであり続けることに注力すると説明している。

米国内における一部プレミアムユーザーを対象にテスト

The Vergeによると、「Car Thing」はシガーソケット電源に接続し、Bluetooth経由で車とスマートフォンに接続する仕組み。音声操作をするためには「Hey, Spotify」と呼びかけることによって動作する。

ハードウェアのデザインとしてはAmazonのダッシュボタンを彷彿させる形状だ。左側には円形のディスプレイが用意され、再生中の情報が表示される。右型には4つのボタンがあり、予め設定したプレイリストにアクセスできるという。

なお、今後は車内空間以外の環境において同様にハードウェアを利用したテストを行う可能性も示唆。「Voice Thing」や「Home Thing」などのハードウェアが出ても驚かないように、と忠告している。

「Car Thing」を利用したテストは一部のSpotify Premiumユーザーを対象に米国内のみで行われる。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「音楽ニュースや関連情報」新着記事
トレンド検索