5.1chサラウンド対応やイコライザー搭載、Galaxy S2の音楽プレイヤーがかなり良い!

iSyncr for Macを使用して無事MacのiTunesにある曲をGalaxy S2に同期したところで、早速標準の音楽プレイヤーを使ってみた。これが予想以上によくできていたので、紹介する。

再生画面

再生画面はこんな感じ。大きな特徴は左上にある5.1chサラウンドに対応していること。擬似的とは言え、結構音も聴きやすくて便利な機能である。

上記はVisualizationをオフにしている時で、オンにすると下記のようになる。

横向きにすると配置が少し変わるようになっている。

各種メニュー画面

全体のメニュー画面。「All」「Playlists」「Albums」と書いてあるタブは追加・削除が可能となっている。

アーティストの曲はアルバム毎に別れて表示される。再生中の曲がリストに表示されると、プログレスバーが表示されるようになっているのは無くても不自由しないが、あるとタップを一つ省けるので便利。

iPhoneのiPodにない機能として自分で操作できるイコライザーの搭載が挙げられる。僕はPAのことは殆んど分からないのでこのあたりの設定は変えず冒頭で紹介した5.1chサラウンドをワンタップで起動してしまうのだが、こだわりたい人には嬉しい機能かもしれない。

ロック画面と通知トレイの表示

音楽プレイヤーが起動中だとロック画面は上にさりげなく表示される。iPhoneと同様に次の曲、前の曲、再生・停止ができる。

便利だと思ったのは曲が再生中に通知トレイに再生中の曲が表示される機能。脱獄されたiOS 5では再生中の曲をNotification Centerに表示するTweakを紹介したが、それを純正で搭載しているのは非常にありがたい。

まとめ

Galaxy S2もそうだが、Galaxy Sでも同様の使い勝手の音楽プレイヤーが標準搭載されているようだ。これを使わない手はない!音楽はiPodでいいや、と思っている人は騙されたと思って使ってみるべし!

関連情報
更新日2014年11月05日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Galaxyニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索