学生みんなが特待生。

RAM1GBでも圧勝!「iPhone 6」「Galaxy S5」「HTC One M8」のマルチタスク性能を比較した動画が公開!

Iphone6 vs galaxys5 vs htcm8

iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」のメモリ(RAM)は1GBだ。多くのAndroidスマートフォンが2GB以上搭載している中、「iPhone 5」以来はずっと1GBから変わっていない。

正直、この事実には少々ガッカリしたが、今回公開されたiPhone 6」「Galaxy S5」「HTC One M8」のマルチタスク性能を比較した動画を見て安心した。iPhoneもといiOSのマルチタスク性能ならメモリ1GBでも他の高性能Androidスマートフォンよりも遥かにスピーディかつ快適にアプリ間を移動できることが明らかになった!

合計12個のアプリを切り替え、2周して時間を測定

このテストを実施したのはPhoneBuff。テスト内容としては、合計12個のアプリを立ち上げては切り替え、2周したところで合計の時間を測定する、というもの。

詳しくは動画を見ると分かるが、最終的な結果だけを知りたいという人は以下からどうぞ。
Iphone6 vs galaxys5 vs htcm8 2

3つのモデルのCPUとRAMを比較するとこのようになっている。

デバイス CPU RAM
iPhone 6 1.4GHzデュアルコア 1GB
Galaxy S5 2.5GHzクアッドコア 2GB
HTC One M8 2.5GHzクアッドコア 2GB

数値上では圧倒的に劣っている「iPhone 6」だが、実際の性能に関しては両Androidスマートフォンを大幅に上回る結果となっている。

なぜここまでの差が生まれるのか。確実に影響している要因として挙げられるのは、iOS・CPU・RAMが密に連携し、アプリの立ち上げを高層化できているということ。また、スペックの割には異常に遅かった「Galaxy S5」だが、恐らくSamsungの独自UI「TouchWiz」が悪影響を及ぼしているのではないかとPhoneBuffは指摘している。

今回実施された検証実験は非常にアナログな手法で行われているため、あくまでも参考程度として捉えるべきではあると思うが、「iPhone 6」のCPUとRAMが他のAndroidスマートフォンより少なくても、実際に使う上では「iPhone 6」は十分なパフォーマンスを発揮していると言えるのではないだろうか。

「iPhone 6/6 Plus」に乗り換えを希望していると言われているSamsungユーザーだが、これを見てさらに乗り換えが加速するかも?!

動画は以下からどうぞ!

(via 9To5Mac