Twitter、iOS公式アプリで動画の自動再生をテスト中!まずは米国から

Twitter iPhone App

最近の注目コンテンツと言えば、やはり動画と言わざるを得ないだろう。

今年1月にはFacebookに投稿された動画の再生数が30億回/日を突破したことが明らかになった。先日、YouTubeも月額制の有料動画ストリーミングサービスを準備していると報じられている。

Twitterも動画に関しては色々と手を打っている。公式アプリから動画の編集・投稿が可能になり、動画埋め込みコードも提供開始している。

AdvertisingAgeによると、TwitterはiPhoneとiPadの公式アプリで動画の自動再生機能をテストしていると報じている!

まずはアメリカから!ユーザー投稿動画も動画広告も自動再生

Twitter動画の自動再生は、現時点ではアメリカのみでテストを行っているとのこと。

動画の自動再生は2つの方法でテストが行われている。1つは動画がフルで流れる場合、もう1つは6秒間のティーザー動画として再生される場合。いずれもループ再生する仕組みになっているようだ。

動画の自動再生と言えばFacebook。以前に比べて、ニュースフィードをスクロールしていると自動的に再生されている動画を目にする機会は格段に増えた。結果的に目に留まり、音声付きで視聴してしまう自分の行動を振り返って見ると確かに動画の自動再生は効果的なのかもしれない。

正式リリース時期は不明。対応する動画フォーマットはユーザーがTwitterに直接投稿した動画または動画広告。Vine動画は対象となっていない。

(via Twitter