Facebook、念願の “あとで読む” 機能「Save」を発表!リンク、写真、動画や位置情報などを保存可能に!

Facebook Save(あとで読む機能)
大量に流れてくるFacebookのニュースフィードの投稿の中で「読みたい…けど今は時間がない」と思ったことはないだろうか。


本日、Facebookは気になる投稿をまとめて “あとで読む” ことができる「Save」という機能を正式に発表した

念願とも言える機能が実現!これからは自分のペースで投稿をチェック!

最近僕の周りで恐らく最も利用されているSNSはFacebookだろう。特に旅行やイベントなど、見ていて楽しい写真や動画の数多くはTwitterではなくFacebookに投稿されていることが多く、眺めているだけで友達や知り合いの近況を知ることができて楽しい。

ただ、フレンド数が多ければ多いほど投稿数も多く、Facebookの理解できないブラックボックス化された表示ロジックのせいで、いつどのタイミングで誰が投稿したか把握できないどころか、一度見た投稿を再度見たい時には偉い手間が掛かる。ただ、投稿を目にした時はじっくり見る時間がないということも多く、「あとで読めたら便利なのにな…」と思っていた人は僕だけではないだろうか。

Facebook Save」はまさにそのような要望を実現した形となっている。気になる投稿があれば投稿の右上にある下向きの矢印をタップすると、投稿を保存する選択肢が追加されている。追加されたコンテンツは「その他」タブの中に新たに追加された「Saved」という項目に登録され、カテゴリ別に自動的に分類される仕組み。項目をスワイプすることで投稿をシェアしたりアーカイブ化することができる。
Facebook Save(あとで読む機能)
ただ、 “あとで読む” と選んだ項目を結局あとで読まなかったことはないだろうか。Facebookはそのようなことが極力起きないように、タイムライン上で定期的に保存したリンクや画像、動画などを知らせてくれる機能を提供するようだ。
Facebook Save(あとで読む機能)
実際に「Save」を使用した場合のイメージ動画も公開されていたので、以下もどうぞ。



Facebookの新機能「Save」はiOS、Android、ウェブ全ての環境において今後数日間で利用可能になる見通し。念願の “あとで読む” 機能を早く使いたい!

(via 気になる、記になる…

あわせて読みたい
もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  4. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法