「21_21 DESIGN SIGHT」で開催中の「単位展」が楽しすぎる!開催期間中に必ず行くべし!

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
六本木の東京ミッドタウン「21_21 DESIGN SIGHT」にて2月20日からオープンしている展覧会「単位展 – あれくらい それくらい どれくらい?」に行ってきた。

僕らの日常生活は「単位」で溢れている。「単位」が存在しているからこそ、僕らはりんごの大きさやペットボトルの内容量、自分の体重や身長が分かる。

「単位展」では、そんな僕らが日々当たり前のように使っている「単位」を様々な角度から見直すきっかけになるはず。僕は1人で入ってみたが、入場料1,000円以上の価値は間違いなくある、とても興味深い作品が多数展示されていた。

写真撮影可だったので、印象に残った作品を紹介する!

単位展 – あれくらい それくらい どれくらい?

「21_21 DESIGN SIGHT」の1階はショップ。地下が「単位展」となっている。
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
入ったところに「単位のはたらき」が解説されている。当たり前のように使っている単位だが、無かったとしたら僕らの生活は確実に成り立たない。単位は偉大だなあ。
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

Giraffe’s Eye

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
高い場所から「21_21 DESIGN SIGHT」を見ることもできれば…
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
一気にズームインすることもできる。
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

りんごってどれぐらい?

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
「りんごの大きさを手で表してみて」と言われた時にどのぐらいのサイズを想像するだろうか。かざした手の形を認識し、その手の形がりんごの形に近いか、それとも他のもののサイズに近いかを表示してくれる作品。
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
過去にチャレンジした人は見事りんごの大きさを表現出来た人もいれば、バランスボール級のサイズになってしまった人もいるようだ。僕の前の人はかぼちゃだった。
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

「1メートル」の原器

1メートルの基準となる原器のレプリカが展示されていた。

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

1mと1cmと1mm

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
1メートルと1センチと1ミリメートルを1ミリメートルを基準に可視化したもの。

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

様々な長さの単位

長さの単位は様々。1間と1メートル、1ヤードと1尺の違いをこうして見ることができるのはとても面白い。

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

質量の比較

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
同じ1kgでも使用する素材によって集めなければならない量が異なる。

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
例えば、工事現場などにあるコーン1つは1kg。一方、同じ1kgを爪楊枝で実現するためにこれだけの量が必要。
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
1ポンドをレンガとストローで表現した作品。
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

情報の比較

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
映像の1GBと写真の1GBとテキストの1GBには大きな差がある。日々当たり前のように見ているYouTube動画がどれだけのデータ量を使用しているかがよく分かる。

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

時間の比較

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
時間を可視化するために様々な機械やツールが生み出されてきた。
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
5秒を測るという作品が面白そうだった。前にいたカップルは画面を見ながらやっていたが、画面を見ずにやった方がチャレンジングで楽しそう。
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

ことばのおもみ

Unit E「単位展」@21_21 DESIGN SIGHTxhibition Roppongi 21 21 DESIGN SIGHT 84
気に入った展示物のうちの1つは「ことばのおもみ」。濁点を1gと仮定し、それぞれの文字の面積比から重さを計算している。よって全てのひらがなにこのように重さが記されている。
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
「しごと」と「かてい」、重いのは「かてい」。
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
「ねこ」よりも「いぬ」の方が重い。
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
ではそもそも「おもい」と「かるい」だとどちらが重いのか?!正解は…「おもい」でした!
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

1秒の世界

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
「ことばのおもみ」の隣に展示されていた「1秒の世界」も同じく印象的だった。3枚ディスプレイの前に立る。立っている間、その1秒毎に起きている出来事をそれぞれのディスプレイが表示してくれる仕組みだ。
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
僕が乗っていた29秒間に1,740来のバリアリーフの珊瑚が壊滅し、地球の自転により10,933m東の方向に移動したようだ。面白い!
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

長さの比較

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
1cmから100cmまで、モノで表現した作品。

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
ところどころ「募集中」となっているところも。

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

コップの中の空間

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
同じ単位でも人基準と蟻基準では見える世界が全く違う、ということを表現した作品。

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

R見本帖

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
角の丸さを設計段階で確認するための「R見本帖」。

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

「わたしの考えた時間の単位」

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
「あたしの考えた時間の単位」はとても可愛かった!

パスタメジャー

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
パスタを重さではなく、穴の太さで計る道具。

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

回転寿司皿と割り箸

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
割り箸1本の高さと回転寿司皿12皿は同じ高さらしい。

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

嵩見本

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
あらゆる本の大きさや厚さの見本。見たことのないようなサイズが多数。

嵩見本
嵩見本

単位しりとり

「単位展」の中で個人的に最も気に入ったのはこの「単位しりとり」。スクリーンセーバーとして延々と見ていられるほど面白かった。

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

8ugust

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
最後に紹介するのは「8ugust」という作品。英語の月名の頭文字を数字に置き換えることによってそれまで覚えられなかった月名を覚えられるようになったとのこと。不思議と全てしっくり来るのはなぜだろう。

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT
単位展 – あれくらい それくらい どれくらい?」は21_21 DESIGN SIGHTにて5月31日(日)まで開催中。火曜日が休館日。開館時間は11:00〜20:00、入場は19:30まで。入場料は一般1,000円、大学生800円、中高生500円、小学生以下無料。

平日の夕方に行っても比較的人が多かったので、週末は割と混んでいるかもしれない。「単位展」に行ったという理系の後輩によると文系の彼女には楽しさを分かってもらえなかったと嘆いていたが、文系でも十分に楽しめる内容だと思うので、期間中に足を運んでみるべし!

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告