YouTube、配信者と購読者が交流できる機能「Backstage」を準備中か

youtube.jpg
今後、YouTuberはより密に講読してくれているユーザーと交流することができるようになるかもしれない!

VentureBeatによると、YouTubeはチャンネルの動画配信者とチャンネルの購読者が交流できる機能「Backstage」を準備していると報じている!

コミュニケーションの場をYouTube内に設け、囲い込む

YouTubeがBackstageを準備しているのには理由がある。

現在、YouTubeの中で配信者と購読者が交流できる場はコメント欄しかない。YouTubeはあくまでも動画のプラットフォームとしてしか使われず、その先の交流はTwitterやFacebook、Snapchatで行われている。さらに、最近ではそれぞれが動画プラットフォーム化戦略を進めていることからYouTubeとしてもその場を提供しなければならない。

Backstageでは写真やアンケート、リンクやテキストの投稿が可能となっていて、さらには普通の動画も配信可能だという。投稿された情報は購読者に通知され、配信された情報に対して反応することができる。

ポイントは動画も配信できるということ。通常の動画とどのように使い分けるのか、ということが気になるが、InstagramがSnapchatの「Stories」機能を丸パクリしたように、YouTube文字間制限を設けた動画配信機能を用意する可能性はゼロではない

要は、通常の動画はファンもファンではない人も含む幅広いオーディエンスに向けた発信だとした場合、Backstageはファン限定に向けた配信をすることができる場なのだ。ファンも配信者と交流することができ、コミュニケーションが活発になる。FacebookやTwitter、Snapchatを使わずに済む。

昨日、SNSアプリを作らせたら赤点以外取れないことに定評のあるAppleも懲りずにまた動画共有アプリを開発していると報じられていた。


ますます動画の需要が増してきた今日この頃。gori.meでもクオリティの高いレビュー動画の配信を積極的に行っているので、是非講読お願いします!

gori.meのYouTubeチャンネルに登録

(via MacRumors

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法