子どもでも使えるほど簡単だからこそ、要注意!10分間で2,550ドル分のアプリ内課金をした5歳児の話

AppStore Boy
小さい子どもでも使えるのがiPadの魅力。ただ、有料アプリの購入は要注意だ!

イギリスに住む5歳のDanny君がお父さんに貸してもらったiPadで2,550ドル分のアプリ内課金をしてしまったニュースが話題になっていたので紹介する!


パスワード入力が不要な10分間のうちに…

Danny君はお父さんに貸してもらったiPadで無料のアプリをダウンロードしたいことを伝え、お父さんは特に深く考えずにパスワードを入力してダウンロードしてあげたそうだ。

ここまではよくある光景だろう。問題はその後だ。

ダウンロードしたアプリはフリーミアムモデルのもの、つまりアプリのダウンロードは無料だがアプリ内課金をするような仕組みが用意されていた。Danny君は何も知らずにパスワード入力の再入力が不要となる10分以内に1回105ドル相当のアプリ内課金を複数回繰り返し、合計2,550ドルの課金をしてしまったそうだ。

もちろん、Danny君は何が起きたか分かるはずがない。まだ数字の数え方も危うい5歳児はただダウンロードしたゲームを遊びたかっただけ。誰も責められない今回の珍事件だが、幸運にもこのニュースはAppleの耳にも入り今回に限って全額返金してくれたそうだ。両親も一安心だろうな…。

改めてiPadは5歳児でも十分に使えるようなデバイスであることを裏付けるとともに、もしDanny君と近い年齢の子どもに貸す場合はアプリ内課金があるかどうかを事前に確認しておいた方がいいかもしれないね!

(via Cult Of Mac

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告