透過率めっちゃ高い!パイオニアのブースで展示されていた「シースループロジェクション」【CEATEC2013】

Ceatec2013 PIONEER(パイオニア)
CEATECに来たからにはぶっ飛んだ製品や物を見たい。そう思っていたら目に入ったのがPIONEER(パイオニア)のブース。

まるで窓に描写しているような、パイオニアの「シースループロジェクション」は透明に限りなく近いスクリーンに映像を映し出すことを可能とする特殊なスクリーンだ。

窓に映像を描写しながらも窓の中が見える!

これはハッキリ言って謎技術だ。仕組みが謎すぎて説明員の人にガッツリ質問してしまった。お時間頂き、ありがとうございました!

Ceatec2013 PIONEER(パイオニア)
下記写真には上半分に写っている可愛い女性3人はプロジェクターから映し出されている映像だが、その下半分にあるカバンや服はすべてディスプレイの中にある実物。
Ceatec2013 PIONEER(パイオニア)
このようにスクリーンに特殊な加工を施し、透過率の高い状態を保ちながら映像を映し出せることに成功したという。
Ceatec2013 PIONEER(パイオニア)
立体空間でもその威力は大いに発揮される。リアルとバーチャルの境目がこれまで以上になくなりそうな予感!
Ceatec2013 PIONEER(パイオニア)
実際に見た方が感動すると思うので、明日行く人はパイオニアのブースに立ち寄ってみるべし!

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法