国内3キャリア、「2年縛り」の更新月を1ヶ月から2ヶ月に延長へ

docomo-kddi-sbm.png
携帯電話を解約しようとしたら「契約解除手数料として1万円弱掛かる」と言われて驚愕したことは無いだろうか。

これは俗にいう「2年縛り」の代償。2年間の契約を条件に大幅な割引を実施してもらえる一方で、契約期間中に解約する場合は高額な契約解除料を請求される仕組みだ。

今後も「2年縛り」という仕組みそのものは無くならないが、乗り換えたい人にとってはもう少し心の余裕を持って契約中のキャリアを解約することができるようだ。産経ニュースによると、ドコモ、KDDI、ソフトバンクの国内3キャリアは違約金無しで解約することができる「更新月」を従来の1ヶ月から2ヶ月に延長する方針であると報じている!

実施時期について、ドコモは3月から、KDDIは5月から実施する方針。ソフトバンクは具体性に欠けるが、「3月以降できるだけ早期」に実施できるよう準備を進めているとのこと。

「2年縛り」は「更新月」に解約をしない場合、自動的に契約が更新される仕組み。解約時におけるトラブルも多数報告されていることから、総務省からの要請として契約方針の改善が求められている。総務省は「自動更新の廃止」など引き続き3キャリアに契約の透明化を求める方針だ。


(via 気になる、記になる…

サイト内を検索して記事を探す

docomo-kddi-sbm.png

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

  • follow us in feedly Feedlyで最新記事を購読
  • Twitterで更新情報を1番にゲット!
  • LINEで楽しくトークしましょう!(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード)

この記事に関連するまとめ

この記事にコメントする

投稿内容を確認し、問題がなければ下記の「コメントを投稿する」ボタンを押してください。