Michael Jacksonの次はStevie Wonder!京都大学の天才大学生が待望のアカペラ多重録音カバー第2弾を公開!

Inhyeok Yeo

マイケル・ジャクソンの「スリラー」で世間を賑わした、京都大学に通う天才大学生よういんひょく君(@InhyeokYeo)が待望の2作品目を公開した!!

彼が2曲目に選んだのはスティービー・ワンダーの「I Wish」。今回も前回同様ハイレベルな作品に仕上がっている!

有名アーティストを次々とカバー!Michael Jacksonの次はStevie Wonder!

以前も紹介した通り、これを歌っているよういんひょく君(@InhyeokYeo)は京都大学に通う現役大学生。難易度の高いこの曲を1人で全パート歌いこなしている姿は本当に耳を疑いたくなる。

それでは早速第2弾「I Wish」をどうぞ!

今回は以前よりも全体的にパーカスの精度とレベルが上がっている!スネアの音色が硬くなっているので曲全体のグルーブ感が増している。さらに見逃せないのはメロ部分で刻まれている細かいバスドラの連打。大変素晴らしい!

間奏のクラップのハマり方がかなりきれいで、間奏の後に続く字ハモのコーラスや「Nasty」のベルトーンが個人的に好きだ。2:34にベースがソロで歌う「it sure felt out of sight」に重ねる和音も厚くてたまらないね!

バッチリ決まっているストップモーションも冷静に多重録音で合わせるのは相当難しいはず。それを2回も極めて高い精度で合わせているのはさすがとしか言いようがない。

人によっては第1弾ほどの衝撃がないかもしれないが、それは恐らく第1弾の衝撃が大きすぎただけ。2作品目かなりハイレベルで僕は先程からずっと興奮が収まらない!今後の作品が既に気になっている人は彼のYoutubeチャンネルTwitterをフォローしておくべし!