Inhyeok Yeo(よういんひょく)による7作目、Alicia Keys(アリシア・キーズ)の「Fallin’」が公開!

Fallin yeoinhyeok

グラミー賞受賞を夢見る男が待望の7作目を公開した!

George Bensonの「This Masquerade」でジャズ・フュージョンを魅せつけたInhyeok Yeo(よういんひょく)君だが、7作目として選んだ曲は2002年のグラミー、レコード・オブ・ジ・イヤーを共に受賞したAlicia Keys(アリシア・キーズ)の「Fallin’」を選んだようだ!

今回もなかなか渋い感じの選曲だが、どのような仕上がりになったのだろうか!以下からご覧あれ!

よういんひょく君にとって初の女性曲カバー!

これまでは男性曲のカバーが多かったよういんひょく君だが、7作目はなんと初の女性曲!そんなことを忘れてしまうほど自然と歌いこなしている。

今回「Fallin’」をアレンジしたのはアカペラ界にいる人であれば知らない人はいないであろう、トライトーンの多胡さん。よういんひょく君にとっても初の日本人アレンジャーのようだ。

2002年のグラミー賞を受賞した、渋いメロディを1人で全パート歌うアカペラカバー。長い1週間の疲れを癒やすためにも、よういんひょく君の濃厚なメロディを楽しむべし!

ちなみに本家のミュージックビデオはこちら!当たり前すぎて言うまでもないが、Alicia Keysの歌唱力はさすがですわ…。

FOLLOW / 最新情報を購読