第3世代バタフライ式キーボードはMacBook Pro(2018)専用ーー2017年モデル以前には利用しない方針

Protection around keys of MacBookPro2018

iFixitによってMacBook Pro(2018)」の第3世代バタフライ式キーボードは構造が改良されていることが判明し、各キーの周りに新たにシリコン製の膜が追加されていることが分かった。Appleは認めないが、キーボードの打音が静かになったのはあくまでも副産物であるとの見方が強い。

気になるのは、「MacBookおよびMacBook Proキーボード修理プログラム」の対応モデルに搭載されているキーボード。あわよくば第3世代バタフライ式キーボードに切り替えてくれるのではないかと淡い期待を抱いていた人も多いかもしれないが、Appleによると第3世代バタフライ式キーボードは「MacBook Pro(2018)」専用であるMacRumorsが報じている。

キーボード交換プログラムのキーボードは交換するだけ?

つまり、MacBook Pro(2016)やMacBook Pro(2017)のキーボードが故障し、「MacBookおよびMacBook Proキーボード修理プログラム」に従い無償で修理してくれたとしても、少なくとも第3世代バタフライ式キーボードになって戻ってくることはない模様。残念……。

Appleがひっそりと第1世代、第2世代のバタフライ式キーボードに改良を加えていると信じたいところではあるが、故障したキーボードと正常に動作するキーボードと交換するだけの作業を行っている可能性も十分にある。

MacBook Proのキーボード問題は集団訴訟にまで発展し、Daring FireballのJohn Gruber氏やSix ColorsのJason Snell氏などのビッグネームもこのキーボードを大々的に批判している。

それにも関わらず、Appleは「MacBook Pro(2018)」を紹介したクローズドのプレスイベントでこのことについて質問された際には「影響範囲はごく一部」と説明し、非常に限定的な不具合であるとの認識を示していたそうだ。

関連キーワード
カテゴリMacBook Pro
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索