Facebook、自撮りカメラアプリ「MSQRD」を買収!フィルター機能でSnapchatに対抗か

Masquerade iPhone App

Facebookは過去に何度もSnapchatの要素を取り込もうと試みていたが、今のところ全て失敗に終わっている。

本日、Facebookは自撮りカメラアプリ「MSQRD」を運営するMasquerade社を買収したことが発表されている

買収後もアプリ開発は継続し、アップデート予定

「MSQRD」は昨年12月にリリースされたアプリ。顔認識技術を利用し、リアルタイムにコミカルなフィルターを被写体に加えることができる。Snapchatが昨年9月にリリースし、一部で話題となった機能をスタンドアロンアプリになったと思えば良い。

Facebookに買収後も「MSQRD」の開発は続けられ、App Storeから取り下げられることはないとのこと。

Snapchatは多くの若者に使われ、Facebookも少なからずそれを脅威に感じているようだ。2014年5月にはSnapchat風の機能を搭載した「Facebook Poke」を取り下げ、2014年6月には同じくSnapchat対抗アプリ「Sligshot」をリリースしたものの、1年半後にはまたしても取り下げている。

果たして今回の買収は吉と出るのか。気になるところだ。

ところで、Snapchatといえば元Apple幹部のScott Forstall氏がアドバイザーに就任していたことが昨年4月に報じられていたが、まだ在籍しているのだろうか。

(via 9To5Mac

FOLLOW / 最新情報を購読