Facebook、誤って「Snapchat」対抗アプリ「Slingshot」をApp Storeで公開

Facebook slingshot

以前、Facebookが「Snapchat」に対抗するアプリ「Slingshot」を開発中であることを伝えたが、噂されていた通り、本日「Snapchat」対抗アプリとして「Slingshot」がApp Storeで公開されたようだ。

そして、もう取り下げられたらしいThe Vergeによると、Facebookは「Slingshot」を誤って公開してしまったと伝えている。

Facebookの広報担当によると「近々リリース予定」とのこと

誤って公開されていた数時間のうちに各種メディアに取り上げられスクリーンショットも全て撮られてしまったFacebookの「Slingshot」だが、基本コンセプトはライバルアプリである「Snapchat」と全く同じ。アプリ名の通り友達同士で写真や動画をスリングショットのように”飛ばして”送り合うUIが唯一見受けられる差別化要因。送信した写真や動画は限られた時間しか見ることができないという仕組みは同じだ。

このアプリを誤って公開したことに関して、Facebookの広報担当は以下のように発表している。

Earlier today, we accidentally released a version of Slingshot, a new app we’re working on. With Slingshot, you’ll be able to share everyday moments with lots of people at once. It’ll be ready soon and we’re excited for you to try it out.

「近々リリース予定」とのことなので、数日以内には世界的にダウンロードできるようになるのではないだろうか。スクリーンショットを見ているだけで個人的には全く期待していないが、世間の反応はいかに…?!

(via PhoneDog