Apple Musicをブラウザで利用できる、iTunes風デザインの非公式ウェブサービスが登場

Musish apple music service 3

以前、Apple Musicをブラウザで利用できる非公式サービスとして「playapplemusic.com」を紹介した。今でも問題なく利用できる。

今回紹介するのも、Apple Musicをブラウザで利用できる非公式ウェブサービス「Musish」。同じくAppleが公式APIとして提供している「MusicKit JS」を使って実装されているため、セキュリティ面も安心して利用することができる。

白ベースのクリーンなUIが魅力、動作も安定していて快適

Musish」を開くと真っ赤なログイン画面が表示される。
Musish apple music service 1

Apple Musicのアカウントでログインすると普段iTunesで表示されている画面が表示され、登録しているプレイリスト、アーティスト、楽曲などが出現。白ベースのクリーンなUIはまるでAppleが公式に用意したようなUIとなっていて、「playapplemusic.com」よりAppleライクなデザインとなっている。
Musish apple music service 4

ウェブサービスであるため、SafariだけではなくGoogle Chromeでも難なく起動することが可能。タスクマネージャーで見る限りではCPU使用率もメモリ使用量も低く、常時起動してBGM再生用タブとして使っても問題なさそう。

僕はiTunesのデータを外付けドライブに移動しているため、本来は都度ドライブをMacに接続しなければiTunesが起動できず、Apple Musicも利用できないのだが、このようなウェブサービスがあるお陰でブラウザさえあればいつでも利用可能!最高!

「Musish」はオープンソースプロジェクトとなっていて、ソースコードはGitHubに公開されている。

試してみたい人は下記からどうぞ!

関連キーワード
カテゴリApple Music
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Apple Music」新着記事
トレンド検索