Apple、2018年度第1四半期(2017年10月〜12月期)の決算を発表ーー史上最高の売上高を更新

本日、Appleは2018年度第1四半期(2017年10月〜12月期)の決算を発表した!売上高は883億ドル、純利益は200億ドル。昨年同時期比で売上高は13%増、純利益は11%増となっている。

総売上高としては史上最高を更新。また、ここ最近「iPhone X」の不調が噂されているが、それらを一括するように「iPhone X」の売れ行きが絶好調であることをアピールし、11月に発売して以降、最も売れているiPhoneであることを明らかにした。

ただし、昨年同時期比でiPhoneの販売台数を見ると1%落ちていることが確認できる。iPadは右肩上がりを記録し、Macは売上・販売台数ともにダウン。

2018年1月時点において、アクティブデバイス数が13億台を突破したことも発表。これは、過去2年で30%も成長している、ということになる。

地域別に見ると日本は昨年同時期比で売上が26%増を記録。不調が噂されていた中国も11%増となっている。

各種数値は続きからどうぞ!カッコ内は全て前年同期比となっているので、参考にどうぞ!

2018年度第1四半期(2017年10月〜12月期)の業績内容

売上高・利益・各デバイスの売上高

売上高 882億9,300万ドル(13%増
純利益 200億6,500万ドル(11%増
1株利益 3.89ドル(16%増
iPhone 615億7,600万ドル(13%増
iPad 58億6,200万ドル(6%増
Mac 68億9,500万ドル(5%減
サービス 84億7,100万ドル(18%増
その他製品 54億8,900万ドル(36%増

各デバイスの販売台数

iPhone販売台数 7,731万6,000台(1%減
iPad販売台数 1,317万台(1%増
Mac販売台数 511万2,000台(5%減

地域別売上高

アメリカ 351億9,300万ドル(10%増
ヨーロッパ 210億5,400万ドル(14%増
中国 179億5,600万ドル(11%増
日本 72億3,700万ドル(26%増
アジア太平洋地域 68億5300万ドル(17%増

詳細はプレスリリース(全文英語)からどうぞ!

あわせて読みたい