Apple、2019年度第1四半期(2018年10月〜12月期)の決算を発表ーー昨年同時期比でマイナス

本日、Appleは2019年度第1四半期(2018年10月〜12月期)の決算を発表した!売上高は843億ドル、純利益は199億ドル。昨年同時期比で売上高は5%減、純利益は1%減となっている。

事前に予告されていた通り、iPhoneの売上は昨年同期比でなんと15%も減少している。さらに、地域別売上を見ても中国の売上は27%も減少していることが確認でき、Apple全体の売上に大きく影響していることが伺える。

一方、Macは8%増、iPadは16%増との結果になり、「ウェアラブル、ホーム、アクセサリ」は33%増、サービスは19%増を記録。iPhone以外の分野においては順調に推移している。

各種数値は続きからどうぞ!カッコ内は全て前年同期比となっている。

2019年度第1四半期(2018年10月〜12月期)の業績内容

全体の売上高・利益・各デバイスの売上高

売上高 843億1,000万ドル(5%減
純利益 199億6,500万ドル(1%減少
1株利益 4.18ドル(7%増
iPhone 519億8,200万ドル(15%減
Mac 74億1,600万ドル(8%増
iPad 67億2,900万ドル(16%増
ウェアラブル、ホーム、アクセサリー 73億800万ドル(33%増
サービス 108億7,500万ドル(19%増

地域別売上高

アメリカ 369億4,000万ドル(4%増
ヨーロッパ 203億6,300万ドル(4%減
中国 131億6,900万ドル(27%減
日本 69億1,000万ドル(5%減
アジア太平洋地域 69億2,800万ドル(1%増

詳細はプレスリリース(全文英語)からどうぞ!

関連情報
更新日2020年01月29日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索