ソフトバンクオンラインショップ

2020年度第1四半期(2019年10月〜12月期)の決算を発表ーー史上最高を更新

Appleのアクティブデバイス数、全世界で15億台を突破

Appleは1月29日、2020年度第1四半期(2019年10月〜12月期)の決算を発表した。売上高918億ドル、純利益222億ドルを記録。昨年同時期比で売上高は8%増、純利益は11%増となり、史上最高益だった。

Appleによると、ウェアラブル、ホーム、アクセサリーは史上最高益を記録。サービスとともに、MacやiPadを上回る規模に。

iPhone 11シリーズの需要も高く、iPhoneは昨年同期比で7%増。Appleのアクティブデバイス数は全世界で15億台を突破したことも明らかにした。

2020年度第1四半期(2019年10月〜12月期)の業績内容

全体の売上高・利益・各デバイスの売上高

売上高 918億1900万ドル(8%増
純利益 222億3600万ドル(11%増
1株利益 4.99ドル(19%増
iPhone 559億5700万ドル(7%増
Mac 71億6000万ドル(3%減
iPad 59億7700万ドル(11%減
ウェアラブル、ホーム、アクセサリー 100億1000万ドル(36%増
サービス 127億1500万ドル(16%増

地域別売上高

アメリカ 413億6700万ドル(11%増
ヨーロッパ 232億7300万ドル(14%増
中国 135億7800万ドル(3%増
日本 62億2300万ドル(10%減
アジア太平洋地域 73億7800万ドル(6%増

詳細はプレスリリースからどうぞ。

関連情報
更新日2020年01月30日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    日本は完全に政府がやらかしましたよね。
    抱き合わせ販売の禁止はまだ他の選択肢を取れるだけマシでしたが、増税はね…

    1. g.O.R.i

      ですね、増税による消費冷え込みは誰もが予想した事態で、分かりやすく決算に反映されてますねw

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索