Apple、2022年度第1四半期の決算を発表 日本の売上が減少

製品別ではiPadの売上が減少、Macの売上高は100億を突破し好調

Apple Store

Appleは1月28日、2022年第1四半期(2021年10月〜12月期)の決算を発表。売上高は1,239億ドル、純利益は346億ドルだった。

半導体不足による影響が懸念されていたが、iPadの減少を除き好調を記録。特にMacは100億ドルを突破し、前年比で25%増だった。大半はAppleシリコンMacだったという。ウェアラブル部門は、AirPodsの人気3分の2が新規購入者というApple Watchの勢いに後押しされ、13.3%増だった。

地域別では、日本がGIGAスクール需要の低下により減少。米国以外の売上比率は54%だったと報告している。

各種数値は以下にまとめた。参考にしてもらいたい。なおカッコ内は全て前年同期比となっている。

2022年第1四半期(2021年10月〜12月期)の業績内容

全体の売上高・利益・各デバイスの売上高

売上高 1,239億4500万ドル(11%増
純利益 346億3000万ドル(20%増
iPhone 716億2800万ドル(9%増
Mac 108億5200万ドル(25%増
iPad 72億4800万ドル(14%減
ウェアラブル、ホーム、アクセサリー 147億100万ドル(13%増
サービス 195億1600万ドル(24%増

地域別売上高

アメリカ 514億9600万ドル(11%増
ヨーロッパ 297億4900万ドル(9%増
中国 257億8300万ドル(21%増
日本 71億700万ドル(14%減
アジア太平洋地域 98億1000万ドル(19%増

詳細はプレスリリース(全文英語)からどうぞ!

過去のApple業績・決算発表

32本の記事を表示する
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索