Apple、東京都内に5店舗目のApple Storeを準備中か

Tokyo JP New Apple Store

Appleの採用情報ページにおいて、勤務地「東京都内」に「新宿」「渋谷」「表参道」「銀座」に加えて「Tokyo – JP」という項目が追加されていることをiをありがとうが発見した。

実は「Apple 新宿」がオープンする前も、採用情報に勤務地には「東京 – 日本」されていたとのこと。Appleは今後5年間で国内に新しいApple Storeを複数オープンする計画があると明言していることから、東京都内に5店舗目となるApple Storeをオープンする準備を進めている可能性は非常に高いと考えられる。

問題はこの「東京都内」がどこを指しているかだ。

新しい店舗は千代田区内に登場する可能性

2017年11月時点の情報によると、Appleは東京都内にApple Storeを2店舗オープンする計画があり、新店舗を千代田区に1店舗豊島区と新宿区の2016年以降に竣工された新築ビルに1店舗、オープンする計画があると報じられていた。

後者は知っての通り「Apple 新宿」として2018年4月7日にオープンしたが、千代田区の新店舗はまだ存在していない。

では新店舗は千代田区のどこか。Macお宝鑑定団Blogは2018年3月時点でラゾーナ川崎プラザと「丸の内3-2計画」と呼ばれている、富士ビル、東京商工会議所ビル、東京會舘ビルの3棟の一体建て替えが行われる路面店舗エリアの1・2階を候補地として挙げていた。

すでにAppleは神奈川県のApple Storeスタッフを募集開始が確認され、「Apple 川崎」に向けた準備が進められていると確認。「丸の内3-2計画」は千代田区でもあり、まさにドンピシャ。

よって、この「Tokyo – JP」は千代田区にオープンする新しいApple Storeを意味している可能性がある

では、いつオープンするのか。

2018年12月時点では建設予定と予想されるラゾーナ川崎プラザのエリアは黒い壁面に覆われていることを確認。「Apple 川崎」は2019年の夏から秋にかけてオープンする可能性と伝えられているが、スタッフ募集のタイミングから計算すると早くても2019年末場合によっては2020年になる可能性もありそうだ。

先日、「Apple 仙台一番町」が2019年1月25日をもって閉店することが発表された。人口が集中する東京に新店舗がオープンし、混雑を分散できるのはありがたいことではあるが、今後は他の地域でもオープンしてくれることを願いたい。

あわせて読みたい