ゲーム遊び放題サブスク「Apple Arcade」は9月19日に正式ローンチ、価格は月額600円

新しいゲームは毎月追加、リコメンド機能やゲームトレーラー、ゲームガイドや先行情報なども配信へ

Apple Special Event 2019 Sep 101

Appleは9月12日、スペシャルイベント「By innovation only」にて、有料ゲームのサブスクリプションサービス「Apple Arcade」を現地時間9月19日に正式ローンチすることを正式発表した。サービス開始時点で150ヶ国で利用可能になり、対象となるゲームは100本以上になる。

利用料は家族メンバー含めて月額600円1ヶ月の無料トライアルが用意されている。

Apple Special Event 2019 Sep 359

Apple Special Event 2019 Sep 370

Apple Arcadeには新しいゲームが毎月追加され、リコメンド機能やゲームトレーラーだけではなく、ゲームガイドや先行情報などを配信するとのこと。

壇上ではKonamiのBenjamin Kinney氏が「Frogger in Toy Town」を、CapcomのPeter Fabiano氏が「Shinsekai: Into the Depths」を、AnnapurnaのKelsey Hansen氏が「Sayonara Wildhearts」を紹介していた。

コメントを残す(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(2件)
  1. んちまみ

    最初の発表がフロッガーとは、コナミのやる気を感じさせない感じがしました(。・ω・。)。3番目の音ゲ+レースにまだチャレンジ精神があるかな…

    1. g.O.R.i

      あら、そうなのですか…僕ゲームあんまり詳しくなくて……

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索