Premiere Pro、M1 Mac用ネイティブアプリのベータ版がリリース

Premiere RushおよびAuditionもベータ版が公開

Adobe Premiere Pro Rush Audition in Beta 01

Adobeが、AppleシリコンMac(M1チップ搭載モデル)向けに、Premiere Pro、Premiere Rush、Auditionのネイティブアプリをベータ版としてリリースした。Adobe Creative Cloudの「ベータ版アプリケーション」からダウンロードできる。


After EffectsおよびMedia Encoderはネイティブアプリが用意されていないが、After EffectsとのDynamic LinkやMedia EncoderとのQueueは、Intelのベータ版がRosetta 2上で動作すると説明している

Adobeによると、Premiere Proのネイティブアプリは新しい「キャプションワークフロー」を使用するため、プロジェクトファイルをアップグレードする必要があるという。あくまでもベータ版であり、一部の機能は正常に動作しない、または問題が発生する。

AdobeはM1 MacでPremiere Proを使用したいユーザーに対し、ネイティブアプリの移行が完了するまでIntel Mac向けの最新バージョンの使用を推奨している。なお移行完了後、サードパーティ製のパネル、プラグイン、エフェクト、ドライバは、それぞれのデベロッパーがAppleシリコンMacのサポートをする必要がある。

Adobe Lightroomは今月8日、ネイティブアプリを配信開始。2021年初旬にはPhotoshopも対応を予定しており、ベータ版が配信されている

次ページ
Premiere Proのネイティブアプリ(ベータ版)で報告されている不具合や問題一覧
関連情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macアプリ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索