「Final Cut Pro」や「Logic Pro」の旧バージョンは「macOS High Sierra」で動作しない

Final Cut Editing on the new MacBook Pro

Appleが「macOS High Sierra」のリリースに向けて、「Final Cut Pro、Motion」「Compressor」「Logic Pro」「MainStage」などのプロ向けアプリケーションをアップデートするように案内している

「macOS High Sierra」に対応している各プロアプリケーションのバージョン情報は下記の通り:

  • Final Cut Pro X 10.3.4 以降
  • Motion 5.3.2 以降
  • Compressor 4.3.2 以降
  • Logic Pro X 10.3.1 以降
  • MainStage 3.3 以降

いずれ必要に迫られるので、頃合いを見て移行するが吉

既に「macOS High Sierra」は32bitアプリをサポートする最後のmacOSとなっていて、2018年1月以降は64bitが必須になると案内されているが、この動きに一足先に対応したような形だ。

現状、これらのアプリケーションを使用している人は2択から選ぶことができる。1つは、「macOS High Sierra」にアップデートしないこと。もう1つは上記の対応アプリケーションに移行すること。

個人的にはいずれ移行しなければならないので、対応アプリケーションへの移行をオススメした方がいいのではないかと思う。

(via Macお宝鑑定団Blog

FOLLOW / 最新情報を購読