ソニー製レンズカメラ「DSC-QX10」「DSC-QX100」はRAW撮影に非対応!

ソニー「Smart Shot」
世間から大きな注目を浴びているソニー製レンズカメラ「DSC-QX10」「DSC-QX100」だが、写真を本格的にやっている人からするとこの仕様は物足りない?!

sonyalpharumorsによると、同製品は残念ながらRAW撮影に対応せず、JPGのみとなっていると報じている!


「DSC-QX10」「DSC-QX100」のスペックも発覚!

「これでもう高性能コンデジもミラーレス一眼も不要だ!売り払ってしまおう!HAHAHAHA!」と思いきや、対応フォーマットがまさかのJPG限定。写真を本格的にやっている人からするとRAW撮影ができないというのは少し残念かもしれない。

両モデルの一部スペックも公開されていたので、まとめておく!

DSC-QX100(上位モデル) DSC-QX10 (下位モデル)
画素数2,000万画素1,800万画素
f値f/1.8–4.9f/3.3–5.9
レンズカールツァイスレンズGレンズ
焦点距離10.4〜37.1mm4.45〜44.5㎜
価格約48,000円約22,000円

僕は普段あまりRAWを使わないので、実はそれほど困っていない。むしろ、公式プロモーション動画を見せられて購買意欲が高まるばかりだ!一体どうしてくれるんだ!責任取れ、ソニー!

「Smart Shot」がソニー製レンズカメラの正式名称に?!ホワイトモデルの写真が流出! | gori.me



(via 気になる、記になる…

あわせて読みたい
もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  4. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法