ソニー、新ジャンル「レンズカメラ」を近々発表?!DSC-RX100M2同等のセンサーを搭載、iPhoneをモニター代わりに利用!

Sony iphone zoom lens


【img via Engadget Japanese

ソニー(SONY)が近日中に発売予定とリークされた「DSC-QX10」「DSC-QX100」は新しいジャンルのカメラ!

上記写真にあるスマートフォンに取り付けられている大型レンズは、スマホのカメラを使って撮影する「外付けレンズ」ではない。ソニーが考案する「レンズカメラ」とは、一言で言うとファインダー/モニター無しのカメラスマートフォンに無線接続することによって本体のディスプレイをモニター代わりとして利用できる仕組みになっている!

近々「DSC-QX10」「DSC-QX100」の2モデルを発表

「レンズカメラ」が発売されればいよいよコンデジ不要説に拍車が掛かることは間違いない。

今後、ソニーは2種類のモデルを発売予定。「DSC-RX10」はローエンドモデルで光学10倍ズームレンズ (F値3.3〜5.9) と1/2.3インチの1800万画素センサーを組み合わせたモデル。

「DSC-QX100」はハイエンドコンパクトデジカメとして最近発売されたDSC-RX100M2と同じセンサーを搭載。ハイエンドモデルとして位置づけられる。

SONY サイバーショット DSC-RX100M2
Sony
売り上げランキング: 2,031

これらの情報はソニーが正式に発表したものはなく、あくまでも噂。ただ、この発想はかなり面白い!本当であってほしい!

Wi-Fi対応の一眼レフやコンデジが増えてきたお陰で撮影した写真を簡単にiPhoneやAndroidに送ることができるようになってきたが、今回リークした「レンズカメラ」に関する操作はすべてスマホで行う仕組み。カメラとしての機能をレンズに詰め込んだ、斬新な製品だ。

高画質な写真を撮りたいが一眼レフを持ち歩くのは正直しんどい。そんな人が飛びつきそうな製品だ!欲しいなあ、欲しいよう!

(via Engadget Japanese