Anker、高性能ドライブレコーダー「Anker Roav DashCam C2」を発売開始

Anker Car Recorder

Ankerは12月20日、同社初となる高性能ドライブレコーダー「Anker Roav DashCam C2」を発売開始した。価格は9,999円。

バランスの取れた映像や画像を撮影可能に

交通トラブル対策として、近年注目が高まっているドライブレコーダー。Ankerは、24時間いつでもドライバーに寄り添う「安心感」を重要視し、「Anker Roav DashCam C2」では 「NightHawkテクノロジー」と「ワイドダイナミックレンジ(WDR)ビデオシステム」を採用し、バランスの取れた映像や画像を撮影可能に。

また、SONY製CMOSイメージセンサーと高性能チップセットを搭載し、 ドライブ中の映像をフルHD(1080p)の高精細で録画してくれる。

搭載スクリーンは3インチ。5構成の広角レンズで4斜線の広い道路でも全体を捉えることが可能。

内部回路から熱を逃がす金属フレームを採用し、電源接続時は-20°C〜70°C、 バッテリー使用時は0°C〜70°Cと、幅広い環境に適応。Gセンサーが揺れや衝撃を感知すると、一度の駐車につき30秒間、最大15回まで自動で録画を行ってくれる「駐車モニター」機能も搭載。

サイズは約90 x 30 x 55mm、重さは約102g。使用には別途microSDカードが必要。本体に電源を供給するために2ポートUSBカーチャージャーとMicro USBケーブルも同梱されている。

Apple新学期を始めようキャンペーン