キヤノン、EOS R3など9製品がiFデザインアワードを受賞

キヤノングループとして28年連続の受賞

Canon iF design Award 2022

キヤノングループの製品デザイン9件が、ドイツのiFインターナショナルフォーラムデザインが主催する「iFデザインアワード2022」を受賞した。キヤノングループとして28年連続の受賞となる。

受賞した作品は以下のとおり。

  • フルサイズミラーレスカメラ EOS R3
  • 自動撮影カメラ PowerShot PX(国内名称はPowerShot PICK)
  • カメラ用交換レンズ RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM
  • デジタルシネマカメラ EOS C70
  • 映像制作用リモートカメラシステム CR-N500/CR-N300
  • インクジェットプリンター MAXIFY GX6050/MAXIFY GX7050
  • 大判プリンター imagePROGRAF TZ-30000(国内未発売)/imagePROGRAF TZ-30000 MFP Z36(国内名称はimagePROGRAF TZ-30000 MFP)
  • オフィス向け複合機 ​imageRUNNER ADVANCE DX C5800 シリーズ
  • 全身用X線CT診断装置

iFデザインアワードとは、1953年から続く国際的に権威のあるデザインアワードの1つ。毎年、全世界の工業デザインを対象に優れたデザインが選定される。

プロダクト、パッケージ、コミュニケーション、インテリア/内装建築、プロフェッショナルコンセプト、サービスデザイン、建築、ユーザーエクスペリエンス、ユーザーインターフェースの9分野で構成され、2022年は57の国・地域から10,000件を超える応募があった。

もっと読む

関連キーワード
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「カメラ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索