キヤノン、レンズ交換式デジタルカメラの世界シェア1位を19年連続で達成

2003年から2021年まで19年連続で台数シェアNo.1を達成(キヤノン調べ)

Favorite Camera Body and Lens of 2020 02

キヤノンは3月28日、レンズ交換式デジタルカメ(デジタル一眼レフカメラおよびミラーレスカメラ)の世界市場において、2003年から2021年まで19年連続で台数シェアNo.1を達成した(キヤノン調べ)。

デジタル一眼レフカメラとして、画期的な低価格と小型・軽量を実現したエントリーモデル「EOS Kiss Digital」を2003年9月に発売して以来、市場拡大のきっかけを作り、世界シェアNo.1を獲得。その後もプロ向けEOS-1Dシリーズや、一眼レフカメラによる動画撮影を普及させたEOS 5Dシリーズなどの時代を切り開く製品を提案してきた。

2018年10月には、理想のレンズ設計から生まれた「RFレンズ」の魅力を最大限発揮するためのイメージングシステム「EOS R SYSTEM」を立ち上げ、2020年7月には8K動画撮影機能を搭載した「EOS R5」を発売している。

2021年は、プロやハイアマチュアユーザーから求められる高い性能と信頼性を兼ね備えたフルサイズミラーレスカメラ「EOS R3」および8種類のRFレンズを発売し、VR映像撮影システム「EOS VR SYSTEM」を立ち上げるなど、システムのさらなる拡充を図っている。

もっと読む

4本の記事を表示する

関連キーワード
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「カメラ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索