Facebook製スマートウォッチ、着脱可能なカメラ内蔵で2022年夏に発表か

LTE通信に対応、3色展開、OSはAndroidベースのカスタム、価格は400ドル前後との噂

Obi onyeador 0HOGSrEwLrg unsplash

Facebookは、2022年夏頃を目処に同社初となるスマートウォッチの発表を計画している。The Vergeによると、心拍センサーと着脱可能なカメラを搭載しており、Instagramへの投稿用に使用できるという。

スマートウォッチはLTE通信に対応し、単体動作を想定。OSはAndroidをカスタマイズしたものを搭載する。ホワイト、ブラック、ゴールドの3色展開で、価格は400ドル前後になると予想されている。

カメラは外向きと内向きが用意されており、内向きは主にビデオ通話用。外向きカメラはフルHDでオートフォーカスを搭載している。Facebookは、スマートフォンの代わりとなるコンシューマーデバイスを提供することで、AppleやGoogleに対抗することが狙いと見られている。

The Informationは今年2月、FacebookスマートウォッチはFacebookメッセンジャーやWhatsAppからのメッセージを送受信できると報じていた。早ければ2022年に発表すると伝えており、The Vergeと一致している。

次ページ
疑問視されるFacebookスマートウォッチの安全性
公開情報
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. T(コメントID:604536)

    Insta360みたいな用途を想定してるのかな?

  2. 通りすがりの読者(コメントID:604516)

    眼鏡型も腕時計型もカメラは禁止にして欲しいです。特に日本は公衆浴場の文化があるから。

「Facebookニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索