Google、HuaweiのAndroidライセンスを剥奪

Pawel czerwinski 710838 unsplash google logo

GoogleがHuaweiのAndroidライセンスを剥奪したReutersが報じている。その後、The Vergeも関係者からの情報として確認したと伝えている。

Androidのライセンスを剥奪されたことにより、Huaweiは今後発売するAndroidスマートフォンのOSはAndroid Open Source Project(AOSP)に限定され、Googleが特許権を持つ「Google Play Store」「Gmail」「YouTube」などの一部アプリが利用できなくなるという。

本土よりも中国国外におけるスマホ事業に影響の恐れ

各種セキュリティアップデートもAOSPで公開されたタイミングで初めて配布できるということになり、端末としてのセキュリティが下がる懸念もある。

そもそも中国内ではGoogleのモバイルアプリの大多数は使用が禁じられているため、本土における影響は限定的であると見られているが、中国以外の市場では打撃を受ける可能性が高い。

GoogleがHuaweiを締め出す決定をくだした理由については明らかになっていないが、「私たちはその命令を順守し、その影響を検討しています」とコメント。明言はしていないものの、トランプ政権による中国への圧力の一環ではないかと見られる。

米政府は以前からHuaweiのソフトウェアには情報流出の懸念があり、それを中国政府が情報収集に利用できる可能性があると指摘。すでに同社の提供する5G通信関連機器について、各国に使用しないよう呼びかけていた。

Reutersに対し、Googleの広報担当は既存のHuawei製品に対して影響はないと説明。「Google Play Store」や各種セキュリティ保護機能は引き続き動作するとのこと。

Google Play and the security protections from Google Play Protect will continue to function on existing Huawei devices.

タグ#Huawei
「Googleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索