Googleの共同創業者2人が辞任 AlphabetはGoogleのスンダー・ピチャイCEOに

スンダー・ピチャイ氏はAlphabetおよびGoogleのCEOを兼務する

Kai wenzel 06MHFfYv6YY unsplash google

Googleの共同創業者であるLarry Page氏とSergey Brin氏が立場を退く意向公式ブログで明らかにした。後任はSundar Pichai氏が就任し、AlphabetおよびGoogleの両CEOを兼任する。

辞任する理由として、Alphabetが十分に確立され、Googleを含む他の部門も独立した企業として効率的に機能している今、マネージメント構造を簡略化する時期が来た、と説明している。

Page氏はAlphabetのCEOを辞任し、Brin氏はAlphabetの社長を辞任する形になるが、両名とも取締役として留まり、長期的にAlphabetおよびGoogleに貢献する予定であることを明らかにしている。

Googleは1998年にPage氏とBrin氏によって創業。2015年8月に親会社となるAlphabetを創業し、Sundar Pichai氏がGoogleのCEOに就任した。

関連キーワード
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Googleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索