学生みんなが特待生。

Google傘下のNest、簡易監視カメラのDropcamを買収!買収額は5億5500万ドル!

Google buys dropcam

Googleも独自のスマートホーム構想を進めているに違いない。

Re/codeによると、Google傘下のNestは簡易監視カメラのDropcamを5億5500万ドルで買収したことが明らかになった!

将来的にはNestとDropcam共同の製品を開発予定

そもそもDropcamを知らない人も多いかもしれない。Dropcamは社名と同じ「Dropcam」という簡易監視カメラを開発する企業。この監視カメラはWi-Fi経由でインターネットに接続し、世界中どこからでも自宅を確認できる。設置して電源を入れるだけで使い始めることができるのも魅力の1つだ。

Nestの公式ブログによると、Dropcam買収後もDropcamの製品はオンラインストアやリアル店舗における販売は継続されるが、将来的には共同で家の中の家電や電化製品の管理を楽にする仕組みや製品を開発する予定。ユーザーサポートなどはNestの管理下に移る見通し。

Appleが既に「WWDC 2014」にて「HomeKit」を発表しているが、NestとDropcamを傘下に迎え入れた今、Googleのスマートホーム構想はどのような形になるのか気になるところだ!

Wi-Fi ビデオ監視カメラ Dropcam社【並行輸入】
Dropcam
売り上げランキング: 14,405

(via 9To5Google