Google、Pixel 4が顔認証とハンドジェスチャー操作に対応していることを正式発表

モーションセンシングレーダー「Soli」が搭載される初の端末に、顔認証はどの向きでも認証可能

Face Recognition Pixel 4

Googlは先月、正方形カメラユニット搭載の「Pixel 4」の公式画像を前倒しで公開したが、今度は「Pixel 4」に搭載される新しい機能発表している!

同社は現地時間7月29日、「Pixel 4」がハンドジェスチャーおよび顔認証に対応していることを端末の正式発表に先駆けて発表した。また、これらの新機能が高いセキュリティ意識のもとで開発されていることも明らかにし、顔認証やハンドジェスチャーに使用するセンシングデータは端末を出ることなく、他のGoogleサービスで利用されないことを強調している。

モーションセンサー「Soli」によるハンドジェスチャー機能「Motion Sense」に対応

これまでのリーク情報では「Pixel 4」の右上にある空間がどのようなセンサーを内蔵するのかについて決定的な情報がなかったが、Googleは「Pixel 4」の本体上部にある分厚いベゼルに隠された様々なセンサーを公開。

本体左から顔認証用赤外線カメラ、内向きカメラ、環境光・近接センサー、オーディオポート、Soliレーダーチップ、顔認証用ドットプロジェクター、顔認証用赤外線カメラ、顔認証用投光イルミネーターが内蔵されているとのこと。

Soli Pixel 4 Sensor max 1000x1000

「Pixel 4」はモーションセンシングレーダー「Soli」が搭載される初の端末。この新センサーにより、所有者が近くにいるかどうか、ハンドジェスチャーなどが認識できるという。

Googleは「Soli」によるジェスチャー機能を「Motion Sense」と名付け、「Pixel 4」に向かって手を振るだけで曲のスキップ、アラームのスヌーズ、着信の無音化などが利用できるとのこと。機能は今後も改良される予定。

Hand Gestures on Pixel 4

なお、「Motion Sense」が利用できるのは一部国・地域に限定される。

プロアクティブに動作する、逆さまでも認証可能な顔認証機能

「Pixel 4」は指紋認証ではなく顔認証になることが正式に発表された。

顔認証が搭載されることは後発とも言え、Google自身もそれを認識。他のスマートフォンとは異なる仕組みを採用していることを紹介している。

例えば「iPhone XS」などは端末を持ち上げ、ある一定の位置に置き、認証されるのを待ち、画面をスワイプアップして初めてホーム画面を開くことができる。

「Pixel 4」はユーザーが端末を持ち上げてロック解除したい可能性があることをプロアクティブに認識することができ、正常に認証できた場合、ロック解除されるだけではなくホーム画面まで表示される仕組みだという。

また、顔認証は一定の向きだけではなく、ほぼすべての向きから認証可能。端末を逆さまに持っていても認識でき、iPhoneよりは格段に使い勝手が良いことが伺える。

顔認証機能は支払いやアプリの認証などにも使えるとのこと。

ストーリータイムライン
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Pixelニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索