【正気の沙汰とは思えない】外人の格闘映画のオーディション用映像のレベルが低すぎて笑いが止まらない!

Karate fail

「本当にタフなのか確認したければ、まず俺を見ろ!」「俺は負けたことがない!」「痛みが好きだといいけどな!」などの挑発的な言葉を発する男たち。その後、様々なサンドバッグに蹴りを入れたり、ヌンチャクを使ったパフォーマンスを披露しようと試みるのだが、どれも見事なまでに失敗。果たしてこんなことがあっていいのか?!

格闘映画のオーディション用映像のレベルが低すぎて笑いが止まらないので、紹介する!

電車内や職場での閲覧注意!レベルが低すぎて吹き出す!

今から見る動画に映る外国人の格闘技テクニックはハッキリ言って驚くほど低レベルだ正気とは思えない下手さだ。

これが格闘映画のオーディション用映像とのことなので、本人たちの神経を疑う。この状態でオーディションに挑むとは、さすがパッション重視の外人としか言いようがない。それでも言い訳としても苦しいが…。

レベルの低すぎる格闘映画のオーディション用映像、以下よりご覧あれ!

彼らはこの状態でも格闘映画に出演したいという気持ちでオーディションに挑んだに違いない。相当熱烈な格闘映画ファンでなければここまでしないだろうなあ…。

(via CuRAZY