学生みんなが特待生。

秀才ラッパー?6ヶ国語でラップをする「LIU」がよく分からないけど凄そうなオーラ出してる!!

Rapping in 6 different languages

「ラッパー」と言う表現を久しぶりに使ったような気がする。

YouTubeを漁っていたら6ヶ国語でラップをするラッパー「LIU」を発見したので、紹介する!6ヶ国語でラップしていると分かっていてもその凄さは残念ながらイマイチ伝わってこないが、複数言語でラップするというアイディア自体が面白かったので、紹介する!

英語・中国語・ロシア語・スペイン語・韓国語・ドイツ語

言語を6ヶ国語扱えるというだけで神がかっていると思うが、それらを器用に行ったり来たりしながらそれぞれの言語でラップをするLIUは相当な才能の持ち主だ。以下からどうぞ!

6ヶ国語でフリースタイルのラップをしている、という事実は間違いなく凄いとは思うが、実際に映像を見てもその凄さがイマイチピンとこないのは僕だけだろうか。凄いのは分かるのだけど…。