M1 iMac、シングルコア性能は前モデルから54%向上

マルチコア性能も23%増、他のM1 Macと同等のパフォーマンスを記録

Apple new imac spring21 pf silver 04202021

M1チップを搭載した24インチiMac(2021)のGeekbenchスコアが判明した。投稿されたベンチマーク結果によると、シングルコアスコアは平均して1,724、マルチコアスコアは7,423。21.5インチiMac(2019)と比べて、シングルコアスコアは54%増、マルチコアスコアは23%増だ。

Imac 2021 geekbench scores
Geekbenchよりキャプチャ

21.5インチiMacは圧倒、27インチの上位機種はマルチコアスコアで敗北

27インチiMac(2020)の10コアモデルと比べて、シングルコアスコアは38%高いが、マルチコアスコアは及ばず21%低いう。6コアIntelチップを搭載する27インチiMacには、シングルコア・マルチコアどちらも勝っている。

M1 iMacは、あくまでも21.5インチiMacを置き換える機種であり、27インチiMacのAppleシリコンモデルではない。より高いパフォーマンスを持つAppleシリコンチップや独自のグラフィックチップの開発が噂されており、ハイエンド機種を必要としているのであれば、少なくとも年内まで待ったほうが良いだろう。

24インチiMac(2021)は、M1チップ、24インチ型の4.5K Retinaディスプレイ、背面がフラットな新デザイン、合計7色のカラーバリエーションが特徴。周辺機器として、本体カラーとマッチしたTouch ID搭載Magic Keyboard、Magic Mouse、Magic Trackpadが用意されている。

価格は、8コアCPU7コアGPUモデルが154,800円から。7コアGPUモデルは7色のうちブルー、グリーン、ピンク、シルバーの4色のみ選択可能となっているため、購入の際は注意が必要だ。

関連情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索