Touch ID搭載Magic Keyboard、単体販売の予定は不明

当面は新型iMacとのセット販売に限定、スペースグレイのMagic Keyboardは4カ月後に単体販売を開始

Apple Spring Loaded Event 2089

Appleは、M1チップを内蔵した24インチ型iMac(2021)と同時にTouch IDを内蔵した新しいMagic Keyboardを発表した。単体販売されておらず、現時点では24インチ型iMacとのセット販売に限定される。

M1 MacであればTouch ID込みで利用可能

Appleと関係性が近いことで知られる元iMoreのRene Ritchie氏によると、Touch ID内蔵Magic Keyboardは、M1 Macと互換性があると述べている。M1 Mac mini、M1 MacBook Air、M1 MacBook Proとペアリングすれば、Touch IDの機能込みで利用できるそうだ。

Intel Macおよびその他Bluetoothデバイスとペアリングした場合、Touch IDは利用できないが通常のキーボードとして使用できる。

Appleは24インチ型iMacの発表と同時に、Magic Keyboardのデザインを刷新。Touch ID搭載モデル、非搭載モデル、Touch IDとテンキー搭載モデルの3種類が用意され、iMacのカラーバリエーションとマッチした7色のカラーモデルが用意されている。

Touch ID内蔵Magic Keyboardは、7コアGPUモデルはオプションとして用意されているが、8コアGPUモデルは標準装備だ。

AppleがTouch ID搭載Magic Keyboardを単体販売する時期は不明だ。Magic Keyboardのスペースグレイモデルは、2017年12月に発売されたiMac Proとのセット販売に限定されていたが、2018年3月に単体販売を開始した。

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Mac用キーボード」新着記事
トレンド検索