iOS 12:iPadが「Face ID」に対応することを示唆する新しい情報が発見される

Bezelless iPad Pro Image
ベゼルレス「iPad Pro」のコンセプトイメージ

iOS 12」の中からはすでにベゼルレス・デザインのiPadを示唆するヒントが多数発見されているが、デベロッパーのSteve Troughton-Smith氏が「iOS 12」において、「アニ文字」を利用するためのフレームワークである「AvatarKit」がiPadに対応していることを発見した。


「Face ID」が横向きの認証にも対応することも示唆?

これまで「AvatarKit」フレームワークをサポートしているiPhoneはTrueDepthカメラを搭載する「iPhone X」のみだったが、今回「iOS 12」内にiPad対応に関する記述が発見されていることから、同様のハードウェアを搭載するiPadが用意されている可能性は非常に高い。

これらの情報は、TrueDepthカメラを搭載するiPad、つまりホームボタンを廃止し、ベゼルレスディスプレイを採用したiPadを示唆していると考えられる。

また、ツイートともに投稿されたスクリーンショットを見る限り、画面が横向きにした状態でも動作している模様。このことから、少なくともiPadでは本体を横向きにした状態でも「Face ID」が利用できる可能性が高く、iPhoneでも同様に認証向きの制限が緩和される可能性もある。

Bloombergは「Face ID」に対応した新型「iPad Pro」は2018年9月に発表されると報じていた。Ming-Chi Kuo氏も先日、年内に発表されると予想していた。

あわせて読みたい