2014年に12インチ型「MacBook Air Retina」が登場?!「iPad 6」は現行モデルよりもさらに高密度ディスプレイを搭載か?!

macbook-pro-retina-display.jpg

2014年、MacBook Airシリーズに新しいラインアップが加わるという説が浮上している!

KGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏によると、Appleは来年完全に新しいデザインを持つRetinaディスプレイ搭載の12インチ型MacBook Airを発表する他、現行モデルよりもさらに高密度ディスプレイを搭載した「iPad 6」iMacの低価格モデルを投入するかもしれないと予想している!

以下に予想されている各デバイスの詳細についてまとめたので、まだ読んでいない人はチェックしておくべし!

12インチ型MacBook Air

  • 12インチ型Retinaディスプレイ搭載
  • 完全に新しい筐体デザイン
  • 11インチ並に携帯性が高いが13インチ並みのの性能を持つ
  • MacBook Airの時と同じようにラップトップコンピューターを “再定義する”
  • MacBook Airよりも小型化・薄型化
  • Intel製チップが動作(A8チップではない)
  • 2014年第3四半期もしくは第4四半期にリリース予定
  • 現行のMacBookシリーズよりも低価格

低価格版iMac

  • 現行のiMacは予想を下回る販売台数だった
  • 低価格モデルの登場により、Windowsデスクトップに対抗できる
  • 低価格iMac投入によってiMacの売上が10%〜20%向上する見込み
  • 2014年第2四半期もしくは第3四半期にリリース予定

「iPad 6」

  • iPadの現行モデルや近日中に発表が予定されている「iPad 5」と同じディスプレイサイズ(9.7インチ)
  • ピクセル密度(PPI)が現行モデルの30%〜40%向上する見通し
  • 現行モデルより大きなディスプレイを搭載したiPadが発売されると言われているが、Kuo氏の見解では高密度
  • ディスプレイを搭載したモデルが発売される模様

iPad mini 3」

  • iPad mini 2」と同じRetinaディスプレイ搭載
  • 解像度は2048×1536

個人的にはやはり12インチ型MacBook Airがものすごく気になる。

Retinaディスプレイ搭載に加え、僕自身が今使用している13インチモデルよりも携帯性が高くなるのに性能は変わらずメモリ(RAM)が16GBまで搭載できてディスプレイ解像度が2880×1800、にも関わらず価格は現行モデルよりも安い

まるで夢のようなノート型Macに期待せずにはいられない!

(via 9To5Mac